はじめしゃちょー、HIKAKIN(ヒカキン)をはじめとするユーチューバーの活躍が目立つ平成時代。

ところが、その裏には成長途上のユーチューバー、いわゆる底辺ユーチューバーがいることも忘れてはなりません。

 

そんなだれにつけられたかもわからない底辺ユーチューバーという言葉を跳ね返してもらうために、ちょっとした応援をしたいと思います。

pdr

誰でも最初はきつい。youtuberを続けるか?やめるか?

「ユーチューバーは稼げる。」

「ユーチューバーって楽しい。」

そんな言葉に惹かれて、ユーチューブを始めてみたところ・・・再生回数伸びないじゃん!!!

 

最初の関門が待っています。

 

「なんだよ!やってられん!!!やめるわw」

という人、

「マジか!、はじめとか、ヒカキンってすごいな」

と思いとどまる人。

 

ここで、多くの人が脱落します。

ここで後者になったら、それでも進歩です。

 

次の関門

「お前、いつまでユーチューバーで稼ぐとか言ってんの?」

この言葉を向けられます。

 

ここでまた、

周りの言葉に流される人

または、

もうちょっとやってみようかな?

と2つに分かれます。

 

この2つを乗り越えられましたか?

 

そしたら、もうやるだけです。

本当にユーチューバーとして生きていきたいなら。

Sponsored Link

 

自分はユーチューバーとして才能がないのか?

一年で結果を出す人。

一方で

2年やってるのに、全然アクセスこない人。

 

確かに、はじめしゃちょーは天才かもしれません(自分で言ってますが笑)。でも、はじめしゃちょーも動画投稿毎日のようにしてきましたよね。

はじめしゃちょーのように、一気に有名になるのはきついかもしれません。

しかし、再生回数が伸びるのは動画を投稿した結果ですよ。やんなきゃ、増えない。

 

割と有名なユーチューバーpdrさんの動画です。

※ちゃんと最後まで見てください。

本当にやるだけでしょ。

 

ぼくも、自分で独立するって最初やばかったですよ。

バイトして、ちょっとずつ自分で稼げるようになって、自分の目標達成に必要なスキルを少しづつ積み上げて行きました。

そして、1万、3万、5万、10万、100万ってなるんですよ。ちょっとづつですけどね。

 

最後にいいことを教えます。

1万時間の法則

プロは一つのことに1万時間をかけて、プロになっているという法則。

イチロー、本田圭佑、ジェレミー・リン(アジア系nbaプレイヤー)

1万時間試行錯誤してやっと、プロで戦っていけるレベルになるんです。

そんだけやりゃいいだろ!と。

 

才能、運が良ければもっと早く開花するかもしれないけど、1000時間でもやったか?ということ。

試行錯誤したら、5000時間の時点でも結構な腕前になってると思わないですか?

 

そういうことです。

 

やりゃーいいんですよ。

 

追伸

この前も、あまはるさんというユーチューバーが企画に参加して、ユーチューバーとして成長してましたし、ちょっとづつ試行錯誤して行けばいいんですよ。

結局、社会的に成功している人はみんな継続している人ですから。

がんばれ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぼくは現在20歳の時に起業し、
21歳の現在、独立することができました。

21歳で独立なんて、信じがたいし、
才能があったんですねとも言われます。


でも、元々は高卒でしたしフリーター生活で
お金もコネも学歴も自信も何もない人間でした。

そんなぼくに自信とお金と自由をくれたのが、
ビジネスとの出会い。


何もなかった自分でも少しの間頑張ったら
始めて一年もしないうちに
あっさりと人生逆転できました。

それまでの過程と、これからの戦略を
メルマガで発信しているので、
ぜひ楽しみながら読んでください。
メルマガを読む