1

冬は恋愛の季節。

クリスマス、バレンタインと
恋愛がしたくなるイベントがたくさん。

そんな冬だからこそもっとより良い冬の恋愛
を楽しむための記事を用意しました。

ゆっくりとお読みください

化粧の心理学

女性にとってメイクはなくてはならないものですよね。
大切な日にどんなメイクをしようか迷うこともあるかも
しれません。

そんな時、どんなメイクをすればいいのでしょうか?

ナチュラルメイクで行こう。
2011年に男性向けに行われた実験で、
女性のメイクの濃さでどのメイクが
魅力的かを測定するものがありました。

最高点を7点とした実験でしたが、結果は

周囲からの魅力 プライベートの魅力
ばっちりメイク 4.3 4.2
ナチュラルメイク 5.4 5.2

という結果になったのです。

ですから、
周りから見た魅力も
彼から見た魅力でも
ナチュラルメイクの方が魅力的!
ということになりました。

さらに、冬の心理学ということで化粧について
もう1ポイント、とっておきの話があります。

これは2015年の研究ですが、

ナチュラルメイクは一緒に過ごす時間が長いほど
どんどん魅力が増していく!

という、とっても嬉しい研究結果があります。
それに対して、ばっちりメイクでは長く過ごす
ほど、魅力は減っていく傾向にあります。

ですから、冬のデートでは
やっぱりナチュラルメイクがいい
ということになりますね。

冬のデート。【服の心理学】

カップル2

あなたにも思い入れの深い服や、お気に入りの服
があると思います。
もちろん、その服を気に入っているのであれば、
その服を着ていくのも全然ありです。

でも、

雪の降る白い季節の冬にぴったりのある色
の服を着ているだけであなたの魅力が、
アップするとしたらどうでしょうか?

赤い服を着よう!

ズバリ
赤い服がさらにあなたをモテさせてくれます。
赤い色は男性から見た女性の魅力を向上させる
というものです。(2008年の研究)

では、なんで赤い色が魅力を向上させるのでしょうか?

赤は他の動物たちにとって、性の色です。
昔も人間は野生で暮らしていたので、
そのDNAが刻まれているらしいのです。

色彩心理学の点からも、赤い色の光は
人を興奮状態にさせる。というのもあるので
結果としては当然かもしれません。

ここまで聞いてみて、エ○イ方か・・・。
と思った方もいたかもしれません。
しかし実は、それだけでもないんです。

それは、
男性は赤い服を着ている女性ともっと親密になりたがる。
というものです。

デートの最中もお互いの仲がぐっと
近くなること間違いないですね。

赤い服は持っていますか?
もしないのだったら、1枚くらい持っていても
損はしないですよね。
むしろ、一つの勝負服として忍ばせておくのも
いいかもしれませんね。

また、赤い色ということで口紅も真っ赤なもの
はより効果が高いこともわかっています。

冬はクリスマス、バレンタイン、とが街並みに
合っている季節です。効果的に赤を使ってみては
いかがでしょうか?

【冬の恋愛心理学】実践編

ここからはいよいよ実践編です。
基本的な恋愛テクニックも解説しますが、
そのテクニックを冬ならではのものに
アレンジしてみました。

冬の恋愛心理学vol1

恋愛初期は自分と相手の共有点を探すゲーム

恋愛は
1、初頭効果⇨この人と付き合うのはあり?
2、親近化 ⇨親しくなる過程
3、定着化 ⇨共通点、類似点を探す過程
4、安定化 ⇨おたがいを補い合う。
5、相互理解⇨ありのままの自分を打ち明ける
6、ゴールイン

といった形でゴールインまで向かうわけですが、
まだ付き合っていない、もしくは関係が薄い段階
の場合は2,3を超えていく必要があります。

男性、女性ともに冬は他の活動が少なくなり、
恋愛に燃え始める傾向があります。

たくさん会う機会があると思いますので、
たくさん話をするだけで仲良くなれるはずです。

冬の恋愛心理学vol2

寒いからこそ、手をつなぐチャンス!

人は体の接触頻度が高いほど、相手に好意を
抱きやすい傾向があります。

もし、外を一緒に歩いている場合はチャンスです。
冬にもなると、男性の98%はあなたとどうやって
手をつなぐか考えているはずです。
ですから、自然に手をつないでもらえるように
あなたから動いてみましょう。

やり方は簡単です。
1、ちょっとずつ体にぶつかる。
2、相手の腕に手を触れる
3、徐々に相手の手の方に近づける。
4、手首あたりでストップ

こうすれば、男性側も手をつないでくれる確率は
格段にアップします。ぜひ試してみてください。

冬の恋愛心理学vol3ラスト

・冬の夜空の下で7秒見つめ合う。
これは心理学の認知的不協和を使ったものです。
7秒間、目を合わせていると脳が相手のことを
好きだと錯覚する効果の事です。
もちろん、両思いの場合はもっと関係が深まり
ます。

では、どのような場面で見つめ合うと
効果的なのでしょうか?

それは、「冬の夜、月が照らしているところ」です。
理由は、人間の瞳孔のメカニズムにあります。

人は
興味のある人に対して瞳孔が開くという本能と、
ちょっと暗くて見えづらい時に瞳孔が開くという
本能があります。

そして面白いことに、
暗くて瞳孔が開くのか?
興味があるから瞳孔が開くのか?
人間の脳は区別できないのです。

つまり、暗闇の中で見つめ合うと
自然に瞳孔が開き、脳が相手に興味があるとも
錯覚するのです。

そこでさらに、7秒間見つめ合うと
心理学の2つの効果を味方につけられるのです。
これは効果は実証されているのでオススメです。

特に、冬の独特の雰囲気で実践すると、
ロマンティック度も高いのでさらに効果が高い!
というわけです。

【真冬の心理学】まとめ

真冬の恋愛心理学はいかがでしたでしょうか?

冬だけに使えるというわけではないですが、
より冬の季節感にあった、恋愛テクニックです。

これらの知識を使い、恋愛の季節」を
楽しんでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぼくは現在20歳の時に起業し、
21歳の現在、独立することができました。

21歳で独立なんて、信じがたいし、
才能があったんですねとも言われます。


でも、元々は高卒でしたしフリーター生活で
お金もコネも学歴も自信も何もない人間でした。

そんなぼくに自信とお金と自由をくれたのが、
ビジネスとの出会い。


何もなかった自分でも少しの間頑張ったら
始めて一年もしないうちに
あっさりと人生逆転できました。

それまでの過程と、これからの戦略を
メルマガで発信しているので、
ぜひ楽しみながら読んでください。
メルマガを読む