自身のパーソナリティにもなっている性格

そんな性格ですが、性格の違いによってストレスの受け止め方が大いに違うことをご存知でしょうか?

心理学的なタイプに分類してどのような影響が及んでくるか分析してみましょう。

otk

性格特性って何?

穏やか、おちゃめ、怒りっぽい、熱い、まじめ

などなどたくさんの性格の人がいて、性格の傾向が違うことは実生活でご存じだと思います。

あなたもどれかの傾向はあるかと思います。

 

ちなみにぼくはマイペースを貫く「遅刻常習犯」です(笑・・・えない)

 

そんな性格ですが、心理学的に大きく分けて3つの性格に分類できることはご存知でしょうか?

今回はその3つの性格特性に分類して精神と身体疾患の関連について調べてみました。

タイプA

一言で言えば、「野心家

目的達成衝動がとても高く、競争心、攻撃性が高い性格です。時間に追われている感覚があるので、せかせかと行動する傾向があります。

起業家タイプとでも言いましょうか?

すべての起業家がそうであるとはいいませんが、会社の中でもいかにも「出世を目指してるぜ!」オーラの人はタイプAに分類されますね。

 

タイプB

ぼくのような性格です。

タイプAとは逆で、競争心や攻撃性は低いです。マイぺースで温和な人が多いようです。

ぼくとしては、「寝坊、遅刻何が悪いんだ!やることやればいいじゃん!」

と叫びたいところですが、なかなか社会は認めてくれません・・・。

 

タイプC

物静かで、几帳面な性格です。

周囲に気をを使うことができ、我慢強いため仕事などの評価は高い傾向があります。

着々と淡々と仕事をしたり、自分の世界を持っている人に多いようです。

 

あなたはどれに当てはまりましたか?

完璧に型にはまるという訳ではないですが、どれかの性格傾向には当てはまるかと思います。

 

では次に、これらの性格特性が身体、精神に与える影響についてみていきましょう。

sponsored link



性格特性と精神と身体疾患の関連性は?

昨日まであんなにピンピン働いていたのに・・・

という悲しい話をよく耳にします。

いわゆる、心筋梗塞と呼ばれるものですね。

 

ぼくの知人のお父様もいきなり倒れた

という話を聞きました。

 

その家族側としては、なんでこんな急に・・・

と思ったことでしょう。

 

もしかしたら、それはその人の性格特性が精神に影響を及ぼし、身体疾患を引き起こしてしまった可能性もあるのです。
では、どのような性格特性を持った人がそのような身体疾患を引き起こすのでしょうか?また、予防する方法はあるのでしょうか?