Baby-Chimp-Eating

妄想癖とは本来なら病気のことを

表しているのですが、

 

よく言われる妄想癖

特に病気でもない人間が

頭の中で、現実とは程遠い

あんなことや、こんなことを妄想

することだと思います。

 

ですので、今回はそんな一般的な

妄想について考えていきます。

Sponsored Link

よく見られる妄想

ここでは、日常でよく見られる妄想を上げていきます。

ネガティブな妄想

・死ぬことを悲観する。

例)どうせ俺は死ぬんだ。俺は何のために生まれてきたんだ?

 

確かにこれを思ったことがある人は多いですが、先のことに過ぎません。さすがに、ちょっと虚しいですが。

 

・受験に失敗することを想像する。

例)どうせテスト失敗するんだ。やったことない問題ばかり出るんだ!

 

テストなどに関しては、自信をつけるために勉強するというのも一つの手です。やってない人ほど妄想します。

 

・フラれる妄想(女性)

例)彼が私を愛しているのはどうせ今だけだ。そのうち振られて独りになるんだ・・・。

 

振られるより今を楽しみましょう。また、振られるのが怖いならどうやって長く続けるか考えましょう。

 

 

ポジティブな妄想

・自分は実はモテる妄想(男性)

例)僕は本当はモテる素質がある。あの子は僕への好意を隠してるんだ^^。素直になればいいのにね。

 

痛いです。

 

・自分は将来の成功者だと確信もなく思う。

例)俺は、金持ちになって、南国に別荘持って、アイドルと結婚できるんだー

 

こういった人は努力をしなければ、ほとんどの確率で貧乏です。

 

・白馬の王子様妄想(女性)

例)そのうち理想の男性が現れるはずだから、それまで待つ!

 

白雪姫は有害だと一部で言われている通り、ほとんどの人は自分から見つけなければ、理想の人は現れません。

 

 

ここまで見ていかがでしょうか?

これらは極端な例でしたが、

程度の違いはあるにせよ

似たような妄想をした時がある

人もいるはずです。

 

これらの心理は人は「自分だけは特別だ

と思いたい心理があるために生じます。

 

ちなみに、むかしのぼくは

地球侵略され、ぼくと数人だけ生き残って

その数人たちと侵略者を倒す。

というとんでもない妄想をしておりました。笑

 

ひどいですね^^

 

 

ぼくがこんな風に思ったのも例外ではなく

もしかしたらあなたも、何かひどい妄想を

したことがあるかもしれませんね?

 

では、

一体どんな心理が妄想癖を引き起こしている

のでしょうか?

妄想の原因

妄想の原因は一言で済ませれば、

欲求不満足です。

 

どういうことかというと、

心を安定させるために現実逃避

の手段として、妄想または空想

を選択するのです。

 

無意識における心の防衛機制とも

言えます。

そんな心の防衛機制でもある妄想、空想ですが、
あなたの心理に影響を及ぼすことはあるのでしょうか?

その答えは、残念ながら「Yes」です。
その有害性については次のページです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぼくは現在20歳の時に起業し、
21歳の現在、独立することができました。

21歳で独立なんて、信じがたいし、
才能があったんですねとも言われます。


でも、元々は高卒でしたしフリーター生活で
お金もコネも学歴も自信も何もない人間でした。

そんなぼくに自信とお金と自由をくれたのが、
ビジネスとの出会い。


何もなかった自分でも少しの間頑張ったら
始めて一年もしないうちに
あっさりと人生逆転できました。

それまでの過程と、これからの戦略を
メルマガで発信しているので、
ぜひ楽しみながら読んでください。
メルマガを読む