ドラッカーのアウトプット論

ちょっと前に流行った「もしドラ」で有名なピーター・ドラッカー。彼は「生徒から学ぶために、教えていた。」と言っています。これこそ究極のアウトプットですよね。生徒に説明することで自分の知識にも磨きがかかったのです。そして彼はマネジメントで偉大な功績を残しました。

メンタリストDaiGoのアウトプット論

敬愛するメンタリストのDaiGoさん。ぼくはDaiGoさんのニコニコちゃんねんるの会員なのですが、以前言っていたことを思い出しました。それは、”ニコニコチャンネルで情報を届けているだけでなく、自分の知識の定着のためにも役に立っている”というような趣旨の発言です。常人では考えられないDaiGoさんの知識量ですが、実はアウトプットすることで定着させていたんですね。

最後に

この記事もアウトプットすることについてのアウトプットです。アウトプットすることの重要性について今日、再び深く学んだので、記事にすることにしようと思ったからです。

どや!と言いたいわけではないですが、このような姿勢が知識を定着させることにつながります。つまり、インプットという名の「知識を得る行為」を最大限に最適化するのがアウトプット。

まとめ→アウトプットが結果的に最強のインプット方法だということです。ぜひアウトプットですよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。