最短最速で成果を出すアウトプット方法の極意

ここからは、アウトプット方法について見ていきます。いまいちピンときていなくても、「ふーん」程度に見てもらっても結構です。

「いつやるか?」

「今でしょ!」

言ってしまった……。

 

話を戻します…

結論は「いい情報を聞いた!」、「これは役に立つ!」、「知らないと損だ!」と思った瞬間、アウトプットしたほうがいいです。もちろん、知識習得の場合には得たい知識はすべてアウトプットするくらいでも構いません。

子供がいるのなら、子供の役に立つことを子供に実践するのもいいです。
試験やスキルなど、習得したいものがあるのなら、声に出して空気に説明してみるのもよし。
スポーツも同じで、知識を得たら実践してみるといいですね。

脳の構造上、天才でもない限りインプットしただけでは人間は忘れます。なので、忘れないうちに実践するのが重要ということです。

間違っていてもいい。

ある教師の一生を想像してみてください。

1年目、緊張しています。当然ですが、うまく数学を教えることはできません。しかし、生徒からすれば知らないことを教えてくれる教師には変わりありません。

20年目、ベテランの凄腕教師となりました。毎日生徒に数学を教えるというアウトプットを通して、自分の知識を磨き、よりうまく伝えられるようになったのです。

このように、うまく情報を伝える(アウトプット)ことは年月が経てば経つほど上達しますよね。それと同じで、日々アウトプットし続けるということが重要なのです。よって、間違いを気にしてアウトプットしないことは、自分の成長を妨げていることにもつながります。

つまり言いたいことは「どんどんアウトプットしよう」ということ。

最後のページでは、ドラッカーや、メンタリストDaiGoさんのアウトプット論で締めます。