タイトルの通り、アウトプットは最高のインプット方法である。

というのも、インプットしただけの情報は頭の中に入っているだけであって、使える情報ではありません。あなたが若いころにテストで感じた「昨日勉強したのに思い出せない・・・。」というボヤキ。

もしあの時アウトプットしていれば、その2点は落としていなかったかもしれません。

そんな、周りのライバルより一回り有利になるアプトプットとは何か?まずは、インプットとアウトプットを理解するところから行きましょう。

インプットとは?

インプットとは知識を学ぶことです。

本を読む。授業を聞く。セミナーに行く。

といった、どちらかと言えば受け身の学習スタイル。

アウトプットとは?

アウトプットとは知識を実践することです。

インプットと比較してみます。

本を読む→読んだ内容をまとめる。実生活に応用してみる。
授業を聞く→勉強した内容を友達に話す。自分の頭で考える。
セミナーに行く→とりあえず実践してみる。

というように、外に発信するスタイル。

現代人の多くはインプットで終わってしまう。

テストの点数ひどい、萎える。
就活面接失敗、人生終わり。
あの人の講演良かったけど、内容忘れたわ〜。ま、いっか。

決して悪いとは言いません。多くの現代人の現状なので。

 

しかし、もったいなくはないですか?もっとできるはずなのに。

会社での仕事。事業の立ち上げ。スキル習得。アウトプットするかしないかで、知識の習得はかなり違ってきます。脳科学でも証明されていることですし、僕もアウトプットを実践しています。

僕の場合は1日最低1冊本を読むことにしているのですが、内容をブログにまとめてみたり、家族友人に話したりしています。以前、情報に触れるだけ(インプットのみ)で、知識が全然定着しなかったということがありました。

そんな時に「試しにアウトプットしてみるかー」と始めて、今では「意外にいいな」となり、日々アウトプット中です。

そんなわけでそろそろ本題のアウトプット方法について見ていきましょう。