「ヤマアラシのジレンマ」

この言葉はあるヤマアラシのストーリーから生まれました。

ヤマアラシのジレンマができるまで。

オス→男 メス→女

やま

寒い冬の日、のヤマアラシとのヤマアラシが偶然出会いました。

 

この2人のヤマアラシは意気投合。付き合い始めました

 

寒かったこともあって、2人は近づきあって寝ることにしました

 

寝てはみたものの、お互いのトゲ(気になるところ)がぶつかり合って、お互い傷つけあいました

 

傷つけあうことに嫌気がさし、ついに離れて暮らすようになりました

 

でも、離れるとお互いのあの温かさが忘れられません。もう一度戻ろうと決意!

 

なんどかぶつかり合うこともありましたが、次第にお互いの心地よい距離感が分かってきました

 

お互いがいい距離感を保ち、熱すぎず、冷たすぎず、ちょうどいい温かさでずっと一緒にいるようです。

e.n.d

やまあらし

ヤマアラシのジレンマの説明

ヤマアラシのジレンマstoryいかがだったでしょうか?

この法則、もちろんヤマアラシがこうなるという訳ではなく、人間の心理を表しています。

 

 

もともとは、ドイツの哲学者「ショーペンハウエル」という人が人間をヤマアラシに見立てて、人間関係を表現したそうです。

恋愛に限らず、もちろん人間関係にも同じことが言えます。

次は一例です。

 

みんな仲良く暮らしたいと望んでいます。

しかし、仲良くしたいあまり、他人の気になる点も見て見ぬふりをし、注意もしません。仲良くしたいあまりに注意もすることができなかったのです。

そして、お互いの気になる点を注意することを避けた結果、みんな相手にとって不快にも取れる行動をするようになります。

結果として、お互いの不満が溜まり健全な関係を取ることができなくなってしまうのです。

 

これが、典型的なヤマアラシのジレンマです。

 

この例では人間関係を改善することはできませんでした。でも、ヤマアラシのジレンマには必ず解決策があります。

では、そのヤマアラシのジレンマの解決策はどういったものなのでしょうか?次のページへ